相手が任意保険未加入

相手が任意保険に加入をしていない場合、一般的には自分の任意保険に人身傷害特約が付いているとそれを使用します。自分の保険会社が対応をし、治療を行うことができます。その際に自分の健康保険証を使用しながら治療を行っていくように条件づけられますが、病院に通うことができます。この際の治療費ですが、自分で一旦立て替えておき、治療が終了したり1か月単位で治療費が返還されることがあります。しかしこの場合毎回治療費を支払う必要があり、被害者にとって大きな負担となるので多くの場合自分側の保険会社が治療費の対応をします。病院は1か月ごとにトータルの治療費の請求をかけ、保険会社は総額を病院に支払います。

今の任意保険では人身傷害保険はどの保険会社でも特約として付けることができるものですし、特約になっておらず最初から付いている場合もあります。しかし特約になっていて選択制になっている場合、必ず人身傷害保険はつけておくようにしなければなりません。相手が任意保険に加入をしていない場合には、治療費は裁判を起こして相手に請求をしない限り自分で支払わなければならなくなります。人身傷害保険を付けていればそういった面倒なことにならないので安心です。