交通事故に遭ってしばらく入院をしたり通院をしたりした後には6か月をめどに症状固定になるものです。これはこれ以上治療を継続していても症状が改善される見込みがないと判断されるというものです。症状固定になる前には治療費は相手方の保険会社や自分の加入している任意保険の人身傷害を利用して支払うので自分で治療費を支払うことはありません。しかし症状固定後の治療に関しては自費で行うのが一般的です。

症状固定後に治療を継続したい場合には自分の健康保険を利用する必要があります。この時の治療費は自分で支払わなければなりません。症状固定になると多くの方が後遺障害認定を受けるために手続きを行いますが、後遺障害認定されたのちに示談を行っても症状固定後の治療費を請求することは一般的にはないものです。そのため症状固定後に通院を継続する場合、示談の際に慰謝料を増額したり、また後遺障害認定されて示談金の増額によって治療費を回収するという形を採るしか方法がありません。

症状固定後の治療費は自費ですので、その分示談でできるだけ多くの示談金を得るようにしていくことが大切になってきます。また裁判によって症状固定後の治療費分の上乗せを請求することはできます。