交通事故に遭って相手が任意保険に加入をしている場合、過失割合によって治療が異なってきます。まず相手の過失が大きい場合には事故の対応は相手方の保険会社が行います。交通事故に遭った被害者は通院や入院をするものですが、数カ月にわたって治療を行うことも多いものです。またこのケースでは健康保険を使用せずに治療を行います。毎回の通院や入院に関する治療費は相手方の保険会社が行いますし、その金額などのやり取りは直接病院と行うため、被害者は何もしなくてもいいものです。自分で治療費を支払うことがないので安心です。

相手の過失が少ない場合、一般的には自分の保険会社が対応をします。その際に自分の健康保険を使用しながら通院をすることを条件づけられることが多いものです。今の任意保険では人身傷害保険がついているものです。自分の方に過失が大きい場合にはこの人身傷害保険を利用して治療を行っていきます。場合によっては毎回治療費を立て替えることになりますが、その後立て替えた治療費は返還されます。しかし多くの場合はこういったことは面倒なので自分の保険会社が対応をして治療費を支払うものです。そのため自分で毎回治療費を支払うことはありません。